アプラスのデンタルローンの解説

ホーム>アプラスのデンタルローン

アプラスのデンタルローン

アプラスのデンタルローン

セラミック治療は保険が適用とならないため、費用が高額になってしまいます。しかし、ローンを利用して支払うことも可能なので、無理のない支払が可能です。

デンタルローンとは?

デンタルローンとは、歯科治療費専用のローンのことを言います。

画像の説明

近年は保険のきくかどうかだけでなく、見た目や機能性などを考慮して治療方法を選択する人が多いです。しかし、治療費が貯まるまで、その歯をそのままにしておくことはできません。そんな時に便利なのが、デンタルローンと言えるでしょう。
比較的分割回数が多くできるため、無理のない支払が可能になります。当院では、新生銀行グループ アプラスとスルガ銀行のデンタルローンを取り扱っています。


デンタルローンは他のローンと何が違う?メリット・デメリットとは

デンタルローンにはメリットも多くありますが、デメリットもあります。短所も把握したうえで、利用について検討することが大切でしょう。

メリット

分割回数を多く設定できるので、月々の支払の負担を軽減できる
治療費に合わせて借入額を設定できる
歯科医院やWEBで申し込めることも多く、手間がかからない

デメリット

治療費のほかに金利手数料がかかる
審査があるため、審査を通らなければ利用できない

クレジットカードの分割払いとの比較

ローンを組むよりも、クレジットカードを使用した方が手軽なのではないか…と考える人も多いようですが、デンタルローンの方が金利が低いため、利息は安く済みます。

クレジットカードのリボ払いなどの利用で、手軽に支払うことも可能かもしれませんが、金利が大きく違う場合もあります。新生銀行グループ アプラスのデンタルローンは、実質年率5.8%ですが、クレジットカードのリボ払いは10%を超えるケースが多いです。信販会社によって異なりますが、15%を超える場合もあります。

デンタルローンの審査とは?

デンタルローンの審査は、他のローン審査と大きく違いはありません。信用情報や借入金の有無(金額)などが確認されます。
※信販会社によって異なります。

新生銀行グループ アプラスのデンタルローン

画像の説明

新生銀行グループ アプラスのデンタルローンの特徴は、主に次の通りです。
[check]収入証明などの提出が必要なく、手続きが面倒でない
[check]実質年率が5.8%なのでクレジットカードの分割払いよりも低金利
[check]限度額が500万円なので、ほとんどの治療はカバーできる
[check]分割回数が最大84回(最長7年)なので、無理なく返済できる

デンタルローンを利用した場合の支払い金額の例

50万円を借り入れた場合
返済回数が60回で月々の支払金額は9,600円(初回のみ10,800円)となります。

100万円を借り入れた場合
返済回数が72回(6年)の場合、月々の支払金額は16,400円(初回のみ22,100円)となります。

新生銀行グループ アプラスのデンタルローンについてはこちらで詳しく紹介しています。

デンタルローンに関するよくある質問


医療費控除とは

医療費控除とは、1年間(1月1日~12月31日)にかかった医療費が、一定の金額を超える場合に受けられる控除のことを言います。
医療費が10万円(総所得が200万円に満たない場合には、その5%)を超えた金額から、保険金などで補填された額を差し引いた金額が、医療費控除の対象となる金額となります。
また、還付金は所得税率によって決まるため、支払った金額が同じでも還付金は違ってきます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional