保険外治療の質問の解説

ホーム>保険外治療の質問

保険外治療の質問

保険外治療について

保険外治療についてのよくある質問集です。
わからないことがあれば、ご参考になさってください。

  • 保険外診療費はなぜ高いのですか?
    • 窓口で支払う医療費の自己負担額は、保険診療を受けた場合は0~3割で、健康保険が適応しない保険外治療は全額(10割)となります。
      また、技工士や医師の技術、使用する器材や材質等の違いや最新治療などにより保険診療よりも高くなります。さらに、保険外診療の治療額は各医院の任意で決められており、医院によっても異なります。
      ちなみに保険診療は質が悪いという考えの先生も居られるし、保険診療で十分対応できるという先生も居られます。

  • 自由診療の意味は、何ですか?
    • 医療制度には、診療報酬額が医師と患者の自由契約によって決まる全額患者負担の診療と、国の定められた保険点数で一律に計算された請求額が同じである保険診療があります。
      この前者の、保険の効かない診療である保険外診療を、自由診療や自費診療と呼びます。

  • 保険外治療費に消費税はかかりますか?
    • 通常、日本国内でお金を支払う際には消費税が課税されますが、、保険診療にかかる治療費は非課税となっております。しかし、保険外の治療費は非課税ではありません。そのため、保険外の医薬品購入の際や治療費を支払う際には消費税が課税されます。海外在住の方に免税制度がありますが、国内で直接便益を受けるものとして、医療費は免税の対象とはなりません。医院での治療費の表記が、内税か外税か事前に確認しましょう。

よくある質問(TOP)に戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional