入れ歯の質問の解説

ホーム>入れ歯の質問

入れ歯の質問

入れ歯について

入れ歯よくある質問集です。
わからないことがあれば、ご参考になさってください。

  • 保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違い。
    • 保険内の入れ歯の歯茎を覆う床の部分は、レジンという樹脂(プラスチック)で作られます。レジンは割れやすいため厚みが必要となります。このレジンの一部を金属のバーにする作りもありますが、安定が悪くなります。また固定するために残存歯に掛けるものは、針金や金属になります。

      入れ歯は、本数や歯の部位によっては作りが複雑であり、基本的に、一部でも保険の規定外の作りや素材を使用した場合は、保険外の入れ歯となります。
      良くあるものでは、粘膜を広く覆う部分を金属で作製したものです。
      金属は薄くて丈夫であり、熱伝導もあるため違和感が少ないことが利点です。下の歯には安定感のあるコバルト、上の歯には軽いチタンを使用することが多く、粘膜に親和性のあるゴールドを使用することもあります。また、他の保険外の入れ歯で、磁石で安定を助けるものや残存歯に掛ける鉤の部分を、目立たないようにピンクの樹脂で作製したものや、歯全体に被せる冠で作製したものなどもあります。

  • 食事中痛いし落ちるのはどうして?
    • 入れ歯が出来あがると「その日から何でもバリバリ食べることが出来る!」とお思いの方がいますが、そのようなケースは稀であると思ってください。
      入れ歯を作製する過程での型どりや模型作製で、どうしても若干の収縮膨張がおき、さらに、入れ歯を作る過程は非常に複雑なため、いくら慎重に作製しても途中で多少の狂いが生じてしまいます。入れ歯は柔らかい粘膜の上に覆われるため、ほんのわずかに適合が合わないだけで、痛みが出たり粘膜を傷つけてしまいます。そのため、出来上がってからの調整が必要で、使っていただきながら少しずつ調節しなければなりません。
      また、入れ歯は接着剤などで完全に固定するものとは違い、取り外しできるものとなっていますので、弾力や粘りのあるものを食べると浮いてしまします。特に歯槽膿漏で歯を失った方は入れ歯を支えるのに必要な顎骨が薄く、安定が悪くなります。また、歯を支えている骨は、歯が抜けた後痩せていき徐々に入れ歯がゆるくなってきます。
      逆に下顎の内側(舌側)に「骨隆起」または「下顎隆起」という飛び出した骨がある方がおられます。これは、噛み合わせや歯ぎしりなどで強い力がかかり骨が歪んで新しい骨が添加されるという説と、遺伝的要因が絡むという説があります。この、「骨隆起」の上の粘膜(歯茎)は非常に薄く、ここを入れ歯が覆うと傷つきやすくなるため、場合によっては、「骨隆起」を外科処置で削り取る必要があります。

      痛い入れ歯をがまんすると、傷ができ炎症をおこしますので、無理に使用しないでください。また、自分で金具を曲げたり、入れ歯を削ったりしないで下さい。具合が悪い時は、すぐに歯科医院で調節をしてください。

  • 入れ歯をするときの注意?
    • ・初めて入れ歯をお口の中に入れたときは、多くの方が違和感を感じます。慣れる前に使用を止めないでください。
      ・新しい入れ歯は何度か調節が必要です。人それぞれ顎の状態は違い、他の人がすぐに合っても、ご自分は合うまでに多く調節が必要かもしれません。
      入れ歯がなじむまで話しをしづらくなることがあります。
      ・食べ物の味が分かりづらかったり、味覚が変わった感じがします。
      入れ歯は今まで通り、自分の歯のようにはかめません。硬いもの、弾力や繊維質の強いものなどは噛みにくいので、噛めるものを選んで食事してください。
      入れ歯は、食事中や会話中に外れることもありますのでご注意ください。特に顎骨の薄い方は安定感が悪くなります。
      入れ歯を入れて痛い時は粘膜が傷つくことがありますので、無理に使用せずにすぐに歯科医院で調節をしてください。
      ・食後は入れ歯を外して、入れ歯もご自分の歯も別々に磨いてください。
      入れ歯を入れたまま寝ると、お口の中が傷ついたり、お口の中の環境がわるくなりますので、外してください。このとき、入れ歯は乾燥すると変形しますのでお水に浸けたりと乾燥を防いでください。
      入れ歯は割れることがありますので、使用に注意してください。
      ・歯に掛ける針金がある場合は、取り外しのときに変形することがあるので注意し、無理な取り外しはしないでください。
      ・徐々に擦り減って噛み合せが低くなったり、緩んだりして合わなくなりますので、定期的な調節や新たに作り直すなどしてください。

よくある質問(TOP)に戻る

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional