無痛治療の解説

ホーム>無痛治療

無痛治療

無痛治療

歯の治療中に生じる痛みは、麻酔注射によって緩和することができます。痛みが起こりそうな治療の場合は、あらかじめ十分な麻酔を行っておけばよいのです。ただ、その麻酔(注射)を行う際に痛みが生じやすいことはあります。しかしながら当院では、麻酔注射の針を刺すときにもなるべく痛みを感じないよう、細心の注意をして注射を行っています。

注射器イメージ当院では痛くない麻酔注射を行うために、塗るタイプの麻酔薬と2種類の注射器を併用することにより、麻酔時の痛みを感じにくくする、「無痛治療」を実現しています。

まず、塗る麻酔薬で表面麻酔を行った上で、注射の針を刺した時に痛みを感じにくいよう、長年培った技術を駆使して注射します。

無痛治療の流れ

  1. 麻酔注射をする前に塗るタイプの麻酔薬を使って表面麻酔を行い、針を刺す歯茎の表面を麻痺させ、刺す痛みを和らげます。表面麻酔薬を塗ると大抵の痛みは感じなくなります。
  2. 体内注入時の刺激を少なくするため、麻酔液を体温と同じくらいに温めておきます。
  3. 注射針のない麻酔注射器を使って、局所麻酔を行います。麻酔薬は、新しいタイプの局所麻酔剤を使用しています。
  4. 2~3分経過後、麻酔の効いている部分に極細針の注射器を使って、麻酔液をゆっくりと注入していきます。※患者様の症状によっては注射針による注射は行わない場合もあります。
  5. 麻酔が十分に効いていることを確認した上で、治療を開始します。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional