白い歯にセラミック治療(ジルコニアセラミック、ハイブリッドセラミック)をご提案!各種保険治療対応| 03-3777-1182.ブラン品川大井町歯科

高強度硬質レジンブリッジの解説

ホーム>高強度硬質レジンブリッジ

高強度硬質レジンブリッジ

[check]銀歯が電磁波の影響を受ける電磁波過敏症とは

保険で作れる白い奥歯の高強度硬質レジンブリッジ

* 高強度レジンブリッジの条件とは

非金属ブリッジは、使える場所と条件が限定されています。
画像の説明
・抜歯になった場所の限定
図中長方形で囲った範囲である5番が歯がない4,5,6ブリッジ。上下左右の全ての第二小臼歯(5番)が対象。

ブリッジで作れる歯の本数
3本のみ。つまり第一小臼歯(4番)から第一大臼歯(6番)まで3本で連結された状態。

・必須条件
図中赤丸部分である上下左右全ての第二大臼歯(7番)の4本が残存していること。

・判断条件
歯ぎりしりやかみ合わせが強く、過度に力が加わると歯科医師が判断した場合は不可です。

・原則として、
ブリッジの土台となる前後2本とも神経がないこと」が対象。神経がある場合は、おすすめは出来かねますが神経を取る必要が出てきます。

・金属アレルギーは緩和条件あり
画像の説明
同じように医科の保険医療機関が発行した金属アレルギーに関する書類を提出すれば、第二小臼歯(5番)、第一大臼歯(6番)のいずれか1本のブリッジ修復が可能になり、さらに、上下左右全ての第二大臼歯(7番)の4本が残存してなくても対応可能。

・抜歯になった場所の限定
「図中長方形で囲った範囲である5番が歯がない4,5,6ブリッジ。上下左右の全ての第二小臼歯(5番)が対象」と「図中長方形で囲った範囲である6番が歯がない5,6,7ブリッジ。上下左右の全ての第一大臼歯(6番)が対象」

ブリッジで作れる歯の本数
3本のみ。つまり第一小臼歯(4番)から第一大臼歯(6番)まで3本で連結された状態。または第二小臼歯(5番)から第二大臼歯(7番)まで3本で連結された状態。

・必須条件の緩和
上下左右全ての第二大臼歯(7番)の4本が残存してなくても対応可能。

・判断条件
歯ぎりしりやかみ合わせが強く、過度に力が加わると歯科医師が判断した場合は不可です。

・原則として、
ブリッジの土台となる前後2本とも神経がないこと」が対象。神経がある場合は、おすすめは出来かねますが神経を取る必要が出てきます。

詳しくは歯科医院へ受診して、直接お口の中の状況を見たうえでの判断となります。

費用:3歯分で約2万円(3割負担の場合)、1歯分に換算すると、6666円相当。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional