ホーム>ファイバーコア=ファイバーポスト

ファイバーコア=ファイバーポスト

当院は保険対応なので約1,000円(3割負担の場合)

ファイバーコアの相場として約1~3万円くらい、保険のメタルコアが約630~760円(3割負担)、保険のレジンコア(ポストコア)が約430~470円(3割負担)

コアとは?
歯科医療において「コア」とは「土台」を意味する言葉で、人工歯の芯の部分を指します。歯を家とするなら基礎にあたる部分で、ここが安定していなければ歯は長持ちしません。小さな虫歯であれば問題ありませんが、大きな虫歯や虫歯の再治療などの場合、歯が大きく削られて歯質がほとんど残っていないことがあります。その場合は、人工のコアを使用して歯を補う必要があるのです。

ファイバーコア

ファイバーコア=ファイバーポストとは?
グラスファイバー樹脂で作製したコアのことです。従来、人工のコアは金属を使用した「メタルコア」が主流でしたが、それでは硬すぎて歯を傷めてしまいます。ファイバーコアは象牙質(歯の内部)に近い弾性を持っており、歯にダメージを与える心配がありません。ファイバーコアはグラスファイバー(太さ約10μm)を束ね、その間に高強度のマトリックスレジンを含浸・重合させた支台築造用ポストです。

ファイバーコアは、光の透過性が象牙質に極めて近く、歯質に近似した色をもちます。特にオールセラミクス製品とコンビでご使用されますとたいへん美しく仕上がります。審美的にも最もよい素材だと考えられています。
ファイバーコアは特有の弾性を持ち、歯根部への負担を極限まで抑えた素材です。また、金属を使用しないので、金属イオンの流出や金属アレルギーの心配がありません。

[check]材質が象牙質に近い弾性係数なので金属に比べ歯根破折のリスクを減らすことができる。

[check]金属イオンの溶出によるブラックマージン(歯肉の黒ずみ・変色)の心配がない。

[check]金属を使用しないため金属アレルギーの心配がない。

[check]オールセラミックと併用すると透明感があり、光の透過性により審美性に優れる。


画像の説明

絵:オールセラミックを被せたときに歯の裏側から光を当てとったもの。
裏側から光を当てているので、極端な例となります。普段の生活ではここまで大きく違いが出ません。
メタルコアとは、金属でつくられたコアの事を言います。保険適応で安価であり、メタルクラウンを被せる場合によく適応されます。セラミックを被せる場合には中のコアが透けてしまう事があるのであまり適していません。
レジンコアは、メタルコアよりしなる性質があるので、歯が割れる可能性が低くなる。

ホーム / メール相談・予約・ご質問ならこちら! / 03-3777-1182

a:544 t:1 y:2